CADが開発を効率化させてくれる理由はこれ

Posted on

製図機能が優れている

従来はドラフターという道具を使った手作業での製図が主でした。原図が1枚しかないので、生産現場への持ち回りや修正が手間でした。これを解消したのがCADでパソコン上で製図を可能にしたのです。データで取り扱いができるので関連会社やメンバーと簡単に共有化できますし、だれでも修正することができます。曲線や点線が一瞬で描けますし、修正も消しゴムで消すことがないので明瞭です。また、他のCADソフトとも互換性を持っているため利便性が高いですし、簡易的な作業であればフリーソフトもありますよ。ただし、文字化けなどのリスクがあるので、細かく確認することが重要です。

製図機能だけではない

開発といえば、信頼性や耐久性などあらゆる評価をしなければなりません。いまではシミュレーションが取り入れられていますが、3次元ソフトにCAD機能が備わっていますので効率がいいのです。3次元モデルを作り解析評価と製図作業が同時にできるのです。万が一、解析結果で3次元モデルの修正が必要な場合、修正内容は自動的に図面データーにも反映されるため使い勝手がいいのです。組み立てた時の製品と製品が接する干渉評価や頭の中で従来はイメージして描いた断面図も一瞬で判断することができるのです。解析機能などモデルでできる作業内容は3次元ソフトによって異なりますので、仕様の比較検討が重要です。また、セキュリティーやアップデートなどアフターサービスが充実していることもポイントです。

水道CADとは、上下水道工事に関する配管図面等の書類を作成するソフトで、従来では人の手で作成していた設計申請書類を、ソフトで効率よく作成出来る様にするものです。