女性器整形が急増中!メリットとデメリットとは?

Posted on

急増中!女性器整形とは

近年、女性器を理想の形にしたいと、美容整形手術を受ける女性が急増しています。通称「ラビアプラスティ」と呼ばれ、女性器の小陰唇や大陰唇を縮小するための美容整形手術を指します。国際美容外科学会の2015年の調査によると「ラビアプラスティ」と呼ばれる手術を受けた女性は、世界で9万5000人以上だと判明しました。世界的にも注目される「ラビアプラスティ」。そんな急増する女性器整形のメリットとデメリットについて解説していきます。

女性器整形のメリットとは?

女性器整形のメリットとして、小陰唇が大きすぎると、生活において痛みが生じる事があるため、それを解消できる効果があります。例えば、セックスをする時に痛みを感じたり、自転車に乗る時などの小陰唇が接触する際に痛みが生じます。そのようなデリケートな悩みを、解決するために「ラビアプラスティ」を行う人が多いようなのです。手術によって痛みがなくなるのは、女性にとって大きなメリットになりますよね。悩んでいる方にもオススメの手術なのです。

女性器手術気になるデメリットは?

デリケート部分の手術のため、もちろんデメリットもあります。術後は少し腫れ上がり、痛みが伴う事があるのだとか。しかし、個人差があるためすぐ痛みが消える人や、痛みが長引く人もいるので、多少のリスクがあると言えるでしょう。デリケート部分の悩みは、周りに相談しづらい問題です。そして手術も、人生に大きく関わる選択です。手術を行う際は、悔いのないように慎重な判断が必要になってくるでしょう。

女性器整形とは女性器を整形することです。日本ではあまり知られていませんが、海外では注目されています。小陰唇の色や形、クリトリス包茎、膣の大きさなど、他の人には 言えない悩みを相談し、整形できます。