意外と簡単?CADを使った製図のメリット

Posted on

生産性を上げることができる

CADを使った製図の一番のメリットは、生産性を上げることができるという点です。コンピューターを用いた製図であることから、紙やペンや物差しを使わずとも正確な製図を作成することができます。それは道具を使わずとも同じ画面を常に見て作業をできるというタイムラグの削減に繋がるものであることから、普通に製図をするよりも相当なスピードで作業を終えることができます。このメリットから、今では多くの設計事務所などでCADが使われています。

チームでの作業も容易に行える

製図を作成する際には、一人でそれを行うのではなく複数のチームでそれに対応をすることも多々あります。そのチームでの作業において需要になってくるのは、どれだけ作業を共有できるかという点です。紙ベースであれば情報の共有はなかなか難しいですが、コンピューター上でデータでの製図を行うという点で、インターネット回線などを用いて容易にその情報を共有することができます。その点を活用して、チーム作業がより効率的に行うことができるのです。

誰にでも扱いやすいメリットがある

手作業で製図を作成するとなると、熟練した技術が必要になります。それゆえに誰でもが簡単に行えないというデメリットが発生してきます。その点でCADは、誰にでも扱いやすいというメリットを持ちます。これはコンピューターを使うことができればCADを扱うことができるため、熟練度が無かったとしても製図ができるのです。この特徴から、比較的経験の浅い職員もCADを使うことで即戦力にすることも可能です。

CADとは製図ソフトの事を主に差しますが、電気CADはその名の通り電気工事に置ける設計・施工を助ける図面を書くのに特化しています。電気CADは器具の配置や配線をスムーズに作図してくれます。