収納に役立てたい!フックの収納活用法3選

Posted on

突っ張り棒と組み合わせて収納に

フックは細かいものをかけておくのに役立ちます。そこで、デスクやキッチンなどで細かいものを収納するときに利用してみましょう。

まずは突っ張り棒を収納を作りたいところに渡します。デスク上やキッチンの出窓などを利用するのが良いでしょう。そこにS字フックをかけて、収納したいものをフックにぶら下げていきます。細かいものをすぐ手に取れるところに配置できるので使いやすさも抜群です。収納したいものに合わせてフックの数を調整しましょう。

クローゼットの中を使いやすく

クローゼットの中を整理するのにもフックは役立ちます。そのままでは収納しにくい小物などは袋にまとめます。フックをハンガーを掛ける部分に掛けて、そこに袋ごと吊るしてしまいます。そうすれば小物もすっきりクローゼットの中で収納できるのです。

また、スーツの上下などまとめて収納しておきたい服は、ジャケットを掛けるハンガーの首部分にフックを付けて、そこにもう一つのハンガーを付けていくことでつなげて収納できます。まとめて出し入れできて便利ですし、幅もとりにくくなるのでスペースを有効に使えます。

お部屋の中で見せる収納

帽子などはしまう場所が取りにくく収納に困ってしまうものです。そういった時には思い切って見せる収納にしてしまいましょう。壁に付けるタイプのフックを使います。ピンで壁に取り付けられるような手軽な物もあるので、帽子など軽いものを掛ける場合にはそういった物を使ってもよいでしょう。フックに帽子の一部を掛ければおしゃれで取り出しやすい収納が完成します。

トローリングなどで大型の魚が釣れた時はその魚をボートに上げる時に網には入らないので、フックを魚のエラに引っかけて上げるようにします。