処女膜強靭症とはどんな症状なのか?その治療方法について

Posted on

処女膜強靭症の症状とは?

処女膜強靭症とは、一体どんな症状なのでしょうか。そもそも、女性は初めて性行為を経験する時に痛みを感じる事が多いと言われており、出血するケースも少なくありません。しかし、何度か経験するうちに痛みや出血は無くなり、普通に性行為ができるようになるものです。処女膜強靭症は何度も性行為にトライしているのにも関わらず、出血がずっと続いてしまったり、痛みが無くならないといった症状が出てきます。実際に処女爆を見てみると、左右のヒダがくっついているように見えるのですが、中央部分は2センチぐらいの開口部があるものです。本来であれば性行為によって開口部が馴染んでくるのですが、処女膜強靭症の場合は処女膜がもともと厚く、堅い状態になっています。このため、どうしても痛みが取れにくくなってしまうのです。

処女膜強靭症の治療方法について

処女膜は本来、伸縮性があって柔らかいものなのですが、処女膜強靭症の場合は堅くて厚いために、伸縮性がありません。このため治療するためには、外科的手術が有効だと言われています。実際に処女膜強靭症の治療方法として採用されているのが、処女膜切開術です。この手術では処女膜を切開するだけでなく、場合によっては切除も行います。手術中は局所麻酔を行うので痛みがありませんし、手術後もあまり痛みは出ないと言われています。手術は15分ぐらいで終了し、1ヶ月後ぐらい経過すれば、性行為を行うことも可能です。処女膜強靭症はデリケートな症状だけに、一人で悩んでいる人も多いかもしれません。しかし、病院に行けば簡単に治せるので、まずは気軽に専門医に相談することが大切です。

処女膜強靭症は膣の内部にある粘膜の突起が大きく、性交を繰り返しても痛みが生じる状態を指します。余計な突起を切除するのが適切な治療方法ですが、出血や細菌感染を防ぐために清潔な状態を保つことが大切です。