不妊に悩む夫婦の強い味方!卵子提供のできる病院を見つけよう

Posted on

卵子提供を受ける際に確認したいこと

卵子提供は、人工授精や体外受精などの不妊治療の効果が期待できない場合でも、子宮の働きが正常であれば、妊娠を目指すことができるため、国内の多くの夫婦の間で関心が集まっています。国内には卵子提供のための一連の治療ができる病院が少ないため、費用や時間に余裕がある場合には初めから海外の病院での治療を選択することがおすすめです。また、卵子提供を受けられる年齢や身体状態については、実際に治療を受ける病院の方針や、婦人科や産婦人科の医師の経験に大きく左右されることがあります。そこで、渡航前に時間を掛けて海外の病院の実情を調べるため、卵子提供の希望者へのサポートを行っている団体に相談をしたり、直に現地の病院の担当者とコンタクトを取ったりすることが大切です。

卵子提供を成功させるためには

海外の医療技術が優れている病院の中には、日本人の夫婦の受け入れを積極的に行っているところもあります。40歳以上で卵子提供を希望する場合には、少なからず身体的なリスクがありますが、実績のある病院において各方面の専門医のサポートを受けることで、妊娠の確率を高めることができます。また、卵子提供の成功率は、年齢の経過とともに下がっていくため、なるべく早い段階で治療を決意することが大切です。なお、卵子提供を受けるためには、検査や治療、渡航費、入院費など、高額な出費が必要になるケースが多いため、公的な補助の有無について確認をするのはもちろん、余裕を持って資金集めを始めることがおすすめです。

卵子提供とは、卵管や卵巣に異常があるなどの理由で妊娠が出来ない女性に、第三者が卵子を提供することです。